カテゴリー別

部長のつぶやき
from Our head
社員のつぶやき
from Our staffs

 

因島本社/
〒722-2102
尾道市 因島重井町4932-13
フリーダイヤル:0120-3840-20
TEL:0845-24-3840
FAX:0845-24-3855

尾道店/
〒722-0022
広島県尾道市栗原町6025-2
フリーダイヤル:0120-2155-19
TEL:0848-21-2155
FAX:0848-24-5255

営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

建設業広島県知事許可(般-28)
第18192号
宅地建物取引業広島県知事免許(10)第5307号

 

 

 

»
»
アーカイブ:2019年

社員のつぶやき

OTOKO目線の家 第7弾


10月だと言うのに30度に迫る暑さ。
たまに涼しくなったりするので、体調を崩してしまいそうです。
体調管理しっかりやってまいりましょう。

さて、弊社男性スタッフが男目線で提案いたします「OTOKO目線」シリーズも早7弾。
因島中庄町「サンステージ室屋」に完成いたしました。
近々見学会開催の予定ですのでどうぞご期待ください!




 

 

 

まもなく完成



つい最近まで、この時期にしては過ごしやすいと思っていましたが

今日はなんと暑いことです。

まだこの暑さに体が慣れていませんので、体調管理していきましょう。



因島ハローズさん隣に建築中の「スタジオVIVO」 がまもなく完成です。

運動不足の解消に

ダイエットに

リフレッシュに

本気のトレーニングに!


 
 
 
 





 

 

 

 

フィットネスの上棟



本日、因島田熊町にて上棟しております。

「スタジオVIVO」

因島にフィットネスクラブが誕生いたします。

運動不足の方、気分転換、リフレッシュに!

8月末完成! 9月オープン!予定です。

どうぞご利用ください。








 

 

とびしま海道ドライブ








GWに、竹原から「安芸灘とびしま海道」をドライブしてきました。

「安芸灘とびしま海道」とは、

広島県呉市の6つの島と愛媛県今治市の1つの島を7つの橋で繋いだ道です。



先ずは安芸の小京都、竹原町並み保存地区を見学。

江戸時代からの町並みに風情を感じ、、、








からの大崎上島に渡り、神峰山展望台に登り、絶景眺望。







からの大崎下島に渡り、御手洗町並み保存地区を見学、夕陽がとてもキレイでした。





お天気良くて、気持ちいいドライブができました。



帰りに蒲刈本店にて、天ぷら定食を食べて帰りました。

連休にて忙しく、天ぷら定食しか出来なかったみたいで、、、

本当は刺身定食が良かったのにーー残念!

だけど、天ぷら定食も美味しかったから満足◎

刺身定食は次の機会の楽しみにとっておきます。

漁師丼がオススメらしいです。

 

 

GW3日目

超大型GW3日目。

皆さんは何をしてお過ごしでしょうか。

10連休とあって、旅行者数が国内外ともに過去最高みたいです。

帰省されている方、尾道を観光される方も多いので、

ここ数日、県外ナンバーの車をたくさん見ました。

尾道ラーメンのお店は、開店から列が途切れることのない程の人気ぶりです。



弊社では、向東町の「サンステージ彦之上」の3棟同時見学会、

GW中もスタッフが毎日常駐しておりますので、

どうぞお越しになってください。

     場所 : 向島ユーホーさん隣
   
     時間 : 10時から16時まで







 

 

鎮物


今日は「鎮物(しずめもの)」のお話をいたします。



「鎮物」 とは、工事の安全を願って地に埋めるものです。


地鎮祭が終わると神主様からこの「鎮物」を授けていただきます。







これを基礎工事の際に、


建物の中央部分にあたる土地に埋めます。








工事の安全と


建物完成後に暮らすご家族様の安穏と幸福を願いながら


納めさせていただいています。





因みに、、、


大切な箱なので開けて見るのは良くないのかと思っていましたが


そんなことはないとのことで。


箱の中身は


人型・盾・矛・小刀・長刀子・鏡・水玉 の七つ。








 

 

災害復旧工事


昨年夏の豪雨で被害にあわれたお宅の復旧工事を

させていただきました。




          ↓
          ↓







          ↓
          ↓






          ↓
          ↓

           





          ↓
          ↓






    








新壁和室 本床が少なくなった近年。



和風のリフォーム



熟練の技術が光ります!